おかげさまで中央薬局は開局34周年をむかえます。
地域医療への貢献を目指して地域に根ざした医療サービスの提供を行うよう努力いたします。

MenuMenu

HomeHome

MailMail

更新情報一覧

中央薬局佐谷田店オープンしました

2016年01月21日 お知らせ
2016年1月、埼玉県熊谷市に、
中央薬局佐谷田店をオープンいたしました。

佐谷田店
佐谷田店ではドライブスルーを設置しました。

ドライブスルー
ドライブスルーをご利用いただくことにより、雨や雪などの天候でも車から降りることなく薬を受け取ることができます。

佐谷田店店内
もちろん、明るく広い店内で薬が出来るのをお待ちいただいたり、薬の相談をしていただくことも可能です。

薬局案内
開局時間は月曜日から金曜日までが午前9時から午後6時まで、
土曜日は午前9時から午後2時までとさせていただいています。
勝手ながら日曜、祝日はお休みをいただきます。


皆さまのお越しをお待ちしております。
薬のこと、何でもお気軽にご相談下さい。
これからもよろしくお願いします。

秋のグループ勉強会を行いました

2015年11月10日 薬局からのお便り
11月7日(土)、埼玉グランドホテル深谷にて、150名近い出席者を迎えて、2015年秋の中央薬局グループ勉強会を開催しました。


今回でグループ勉強会も第30回を数え、開催年数も約15年になりました。

今回は、これからの医療・調剤(薬剤師)についての話題の後、


在宅についての報告、


医薬品安全管理集合研修、


学会発表報告や薬剤師の災害支援等、盛りだくさんな内容で、予定していた時間もすっかりオーバーしてしまいました。

続いて、会場を移動しての懇親会。


食べて、飲んで、


歌って、お喋りして、


あっという間に時間は過ぎ、皆さん、二次会へ行く人あり、帰宅の途につく人あり、会はお開きとなりました。
次回は、来年5月を予定しています。

SMO事業部閉鎖のお知らせ

2015年11月02日 SMO事業部のお知らせ
拝啓 晩秋の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
さて、このたび諸般の事情により、11 月 30 日をもちまして SMO 事業部を閉鎖することになりました。
皆様の長年にわたるご愛顧に心から感謝申し上げますと共に、今後とも中央薬局グループをご愛顧頂けますよう宜しくお願い申し上げます。
今後の対応は、併設するやよい薬局にて引き継ぎ致します。
ご不明な点などございましたらお手数をお掛け致しますが、下記までご連絡賜りますようお願い申し上げます。
まずは、略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。

敬具

平成 27 年 11 月 1 日


【11 月 30 日まで】

中央薬局グループ 有限会社アドニス

SMO 事業部 (石井美由紀)

〒360-0012 埼玉県熊谷市上之 3879-1

TEL/FAX 048-526-2240


【12 月 1 日以降】

中央薬局グループ 有限会社アドニス

やよい薬局 (大内一弘)

〒360-0012 埼玉県熊谷市上之 3879-1

TEL 048-594-6030

FAX 048-521-0912

グループ勉強会を開催しました

2015年06月01日 薬局からのお便り
5月30日(土)夜、埼玉グランドホテル深谷にて中央薬局グループ勉強会を開催しました。



中央薬局グループでは春・秋の年2回、グループ全体での勉強会を行っています。
今回の春の勉強会には、グループ薬局で働く薬剤師等約80名が参加しました。



お呼びした講師の方による、調剤薬局を取り巻く昨今の情勢についてのお話や、
SMO事業部から現状報告、
在宅推進委員会から在宅への取り組みについて、
そして、セイフティマネジメント委員会から調剤過誤防止について、
各報告がありました。

約1時間強の勉強会の後、少し大きな揺れ(地震)があって驚きましたが、
時間も8時を過ぎ、続けてビュッフェスタイルの懇親会を開きました。



皆さん、食べて飲んで話して歌っての楽しいひとときを過ごされたようです。
次回、秋の勉強会は11月7日開催予定です。
ご参加の皆さん、開催にご協力いただいた関係者の皆さま、お疲れ様でした。
ありがとうございました。

情報セキュリティマネージメントシステム(ISMS)基本方針

2015年03月16日 SMO事業部のお知らせ
 SMO事業部は、治験サポート事業を正常かつ円滑に行う上で、被験者の方々の個人情報および治験依頼者の機密情報を取扱っていることに鑑み、情報セキュリティの確保を重要課題の一つであると考えます。
 SMO事業部は、SMO事業部の情報を保護する指針として、次に示す情報セキュリティマネジメントシステム(以下、「ISMS」という。)を構築し、方針に従った情報の適切な取扱い、管理、保護および維持を周知徹底させることに努めます。

1. この基本方針においては、SMO事業部の治験サポート事業に係るすべての情報を保護の対象とする。

2. SMO事業部の情報を保護するため、自然災害、事件、事故または機器の故障等により、事業活動が中断および停止しないよう適切な予防措置を講じ、又、万が一、自然災害等が発生した場合であっても、これによる事業の中断を最小限に抑え、事業の継続性を確保する。

3. SMO事業部はISO27001に適合したISMSを構築および運用するとともに、運用上の課題、事業特性、外部環境の変化および顧客等のステークホルダーのニーズを考慮し、ISMSを継続的に改善する。

4. SMO事業部は、ISMSの必要性および具体的な遵守事項を周知徹底するとともに、当事業部のISMSを維持向上させるために、ISMSに関する教育を定期的に実施する。

5. ISMSに係る事件および事故は、第三者の不正行為のみならず、正当な利用権限を持つ者による故意または誤操作等の過失によって発生する場合もあることを考慮した上で、予防並びに迅速な対応および是正を勘案して適正な管理策および施策を講じる。

6. SMO事業部は、事業に関連する法令、ISMSに関連する法令および社内規則を遵守します。違反者は、法令または社内規則に従い、法的処分または懲戒処分の対象する。

2014年 6月 1日
有限会社アドニス
代表取締役社長 柴﨑 均
ページトップへ戻る

ページトップへ戻るページトップへ戻る